ネットで婚活が当たり前の時代がやってきました。マッチングアプリを使った恋活・婚活成功のヒントを綴っています。

ネット婚活市場は数十万~数百万規模「出会いがない」は言い訳!女性は基本無料のところが多く気軽に利用できる

ネット婚活の魅力は何と言ってもお気軽なところ

もちろん真剣に交際して、結婚相手を探している人も多くいます。

お気軽というのは交際の真剣さのことではなく、あくまで出会いのツールとしてです。

なぜかって、知り合いに紹介を頼んだとしたらすぐに紹介してくれることは稀です。

世話好きのおばちゃんでもない限り、手元に紹介者リストなんて持ち合わせていません。

ほとんどの場合は「いい人がいれば…」と社交辞令的に受け流されてしまいます。

それでも年頃の人が多くいる仕事をしている先輩や同僚が紹介してくれることもあります。

大抵最初は紹介者も同席するので、みんなそれぞれ忙しい中スケジュール調整が結構大変だったりします。

それでうまく行く場合ももちろんあります。

 

紹介してくれた人は信頼しできる人だから、そのあとも何かと相談に乗ってもらえたりして助かるでしょう。

だけど異性との付き合いは当人同士の問題だから、うまく行かないことだって当然あります。

紹介する方も織り込み済みだから、そんなに気にすることはないでしょう。

だけど、紹介の場合、合わなかったら「ハイ次の人」とはなりません。

この前の人ちょっとタイプじゃないので「次はこんな人をお願いします」なんてリクエストを受けつけてもらえるはずはありません。

 

複数の人に「紹介して」と頼んでも限界があります。

せいぜい数人が限度でしょう。

その点ネットなら大丈夫!

なんせ数万人から数十万人の中から選ぶことが出来るんですから。

2-300x200 ネット婚活市場は数十万~数百万規模「出会いがない」は言い訳!女性は基本無料のところが多く気軽に利用できる

何十人の人に「いいね!」を送ったり送られたり。

その中からマッチングする人が何人もいて5~10人ぐらいの人とメール交換をしていたら、その内2~3人と直接会ってデートすることが出来ます。

 

実際に会うまでのプロセスで大丈夫な人かどうか、話は合うかなどチェック済みなので、相性のいい人と出会う確率も高いです。

もちろん実際に会ってみて性格とかが合わないと感じたらお断りすることもできます。

一人断っても常に10人ぐらいの人とメールでやり取りしていたら、すぐに次の人と出会うことが出来るわけです。

それどころから最初から1週間の間に2~3名の人とデートすることだって可能なわけです。

かなりエネルギーがいりますが、ここが人の紹介で出会うことと大きく異なる点です。

 

結婚相談所はお金がかかるが婚活アプリでは女性は基本無料のところが多い

結婚相談所に頼めば10万円単位のお金が必要になります。

結婚相談のプロが相談に乗ってくれるわけだから当然メリットもあります。

だけどお金の面だけ比べると婚活アプリの方が圧倒的に安いです。

女性はほぼ無料か月に3,000円前後。

男性も月5千円ぐらいまでです。

1年間利用しても結婚相談所の半分。

もちろんデート代やおしゃれをするための費用は別途必要だけど、これはどんな出会いも同じこと。

 

婚活アプリは圧倒的多数の中からデート相手を選ぶことが出来る

アプリの登録者は数万人から数十万人です。

ひとつの市や町ができる規模です。

50万人規模の市があるとして、通常は赤ちゃんからお年寄りまでいます。

既婚者もいるし、彼氏彼女のいる人、恋愛に全く興味のない人もいるから、50万人の人が集まったとしても、その中で恋愛対象となる人はほんの一握りです。

 

アプリの場合は50万人すべてが恋活・婚活に関心のある人ばかりなんです。

これだけの大集団なのに婚カツに全く興味のない人は全くいないんです。

同じ目的を持った人がこれだけの人数集まる場所はそうそうありません。

男女比はそれぞれのアプリによるけど6対4とか7対3とか大体そんな感じです。

もちろんやる気のある人、ない人、相性の合う人、合わない人はいます。

中には危険な人もいるかもしれません。

だから見極めは大事です。

 

だけど分母がこれだけ大きいと条件を絞ってもかなりの人数が残ります。

アプリへのログイン日を1週間以内に絞ればやる気のあるアクティブな人だけ抽出できます。

写真とプロフィールを見て自分の好みのタイプを絞ることが出来ます。

メールのやり取りを繰り返せば危険な人もかなりはじくことが可能です。

 

リアルな出会いでも危険は存在する

犬も歩けば棒に当たるんです。

一歩外に出れば転倒して怪我をするかもしれない。

交通事故にあうかもしれません。

人が多いところに出かけたらそのリスクは高まります。

だからと言って出かけないわけにはいきません。

十分注意しておけばほとんどの場合そのリスクは回避できます。

そうやってみんな生きてきました。

 

危ないかもしれないと言って行動しなければ何も始まらないのです。

恋活・妊活アプリは18歳以上ならだれでも登録できます。

簡単に始められるし、いやならすぐにやめられます。

インターネットが発達したこの時代、「出会いがない」というのははっきり言っていいわけです。

友達の紹介でも結婚相談所でも手段は何でもいいのですが、出会う方法はいくらでもあります。

 

それでも「いい人がいない」とか「出会いがない」というのは手段の問題ではありません。

他に理由があると考えた方がいいと思います。

「そもそも自分は本当に結婚したいのだろうか?」

「自分は人と一緒にいて楽しいのだろうか?」

「人と人生を共有する覚悟が出来ているのか?」

「『彼氏、彼女が欲しい』と言いながら、本当にできてしまったら面倒だ」と考えているのではないか。

人に会うたびに「結婚したい」と言っているがこれはもはや「挨拶替わりか社交辞令」ではないか?

親のプレッシャーから「結婚相手」を探しているだけ?

世間体を気にして「パートナーのいる自分」になりたい?

幸せになりたいと思いながら本当は幸せになるのが怖い。

2-300x200 ネット婚活市場は数十万~数百万規模「出会いがない」は言い訳!女性は基本無料のところが多く気軽に利用できる

結婚している自分をリアルに想像できない。

などなど、自分自身に問うてみてください。

 

本当は結婚したくないのかもしれません。

だって一人の方が自分の好きなことが出来るし、親もとはぬくぬく気持ちがいい。

毎晩のように同僚と飲みに出かけても一人なら何とかやっていける。

適当に遊ぶだけの異性には困らない。

趣味に時間とお金をかけられるから今の方が楽しい。

 

そんな場合は結婚しない方がいいかもしれません。

「結婚したい」と思っていながら行動に移せないなら問題は間違いなく自分自身にあります。

それが別に悪いと言っているわけではありません。

ただ自分次第で「出会い」なんていくらでも作り出せる条件がそろっているので、それを掴むかどうかだけです。

行動して、工夫して、失敗したらそれを糧としてやり直して、またチャレンジするだけです。

 

とにかくネット恋活・婚活はお気軽

くり返しになりますが、ボタンをぽちっと押せば始められます。

写真とプロフィール、そしてメールのやり取りを工夫すれば出会えます。

出会ってうまく行かなければ双六を少し戻ってまた進めばいい。

同じことを繰り返しているように見えても螺旋階段のように確実に進んでいます。

経験が生かされているのです。

異性と過ごす時間が増えただけでも大きな進歩です。

異性とメールをしているだけも前進しているのです。

恋活・婚活は経験がものを言います。

 

そしてネットなら経験の機会が他と比べて圧倒的なんです。

インターネットによって世界中の人とつながれる時代です。

まあ日本語で書かれたこのサイトを見てくれている人は日本語で登録するんだけど…

とにかく恋活・婚活に限らず、自分のやりたいことが出来る時代です。

「出会い」なんて自分次第で何とでもなります。

おすすめアプリは下記で紹介してます。

関連記事

ブログランキング投票ボタン

ふたつのブログランキングに登録しています。応援ポチっとよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村