ネットで婚活が当たり前の時代がやってきました。マッチングアプリを使った恋活・婚活成功のヒントを綴っています。

婚活は引き寄せの法則が強烈に働く!「難ありの人」に出会ってしまう原因を取り除く方法

人は無意識のうちに自分が思った通りの人を引き寄せている

人はだれしも欠点のあるものだし、お互いに支えあうのが人間というものです。

スポーツでも仕事でも趣味の仲間でもお互い得手不得手を補いながらチームで何かを成し遂げていくところに喜びがあり、感動が生まれるものです。

 

チームをぐいぐい引っ張るのが得意なリーダータイプがいれば、目立たないけどメンバーの気持ちを和ませてくれる癒し系のキャラの人もいます。

攻撃的なタイプの人がいれば守備的な人もいます。

革新的な人と保守的な人と置き換えてもいいです。

もちろんその中間的な人も必要です。

 

新しいアイデアがどんどんひらめく人がいればそれを形にしてくれる人、出来上がった商品を売り込む営業タイプの人、経理や規則などをきっちり管理してくれる人がいてチームとしてまとまります。

夫婦もお互いの短所を補いながら長所を伸ばし合うのが幸せな結婚生活の秘訣です。

-300x225 婚活は引き寄せの法則が強烈に働く!「難ありの人」に出会ってしまう原因を取り除く方法

例えばどちらか一方が片付けるのが苦手なら、もう一方が整理好きな人だったり…

一人がおしゃべりでもう一人が聴き上手だったり…

考え込むタイプの人には楽天的なパートナーがいたり…

 

もちろん一人の人間は多面性を持っているから、時には正反対の面が出てきたり、夫婦二人ともが楽観的になったり、二人で落ち込むことだってあるでしょう。

お互いに色んな性格の面を出し合いながら、意見をぶつけ合ったり、時に喧嘩をしたりしながら協力して幸せな家庭を築いていくものです。

 

だけど欠点というのはなかなか直らないもの

靴下をいつも脱ぎっぱなしにする人はどれだけ怒られてもなかなか治りません。

大抵は旦那さんが靴下をそこらじゅうで脱いで奥さんに叱られます。

靴下だけじゃなく洋服も色々なところで脱ぐし、小物も色々な場所におくので「○○どこ行った?」と毎日のように聞きます。

奥さんは「また?」と言いながら大抵ある場所が分かっているので見事に探し当てます。

 

奥さんが整理出来ない場合だってあります。

散らかしたら片付けられないです。

旦那さんが几帳面ならいいのですが、同じように整理が苦手な人なら家じゅう散らかってどうしようもなくなります。

そういう人の場合、冷蔵庫にある食材が思い出せず同じものを買ってくることが多いです。

食べきれないので賞味期限切れになって捨てるしかなくなるのですが、それを繰り返すので食費がかさみます。

 

人間だれしも完璧じゃないので欠点はあっていいのです。

夫婦で補いあうことが出来れば問題ありません。

笑える失敗は家庭を幸せにします。

許せる欠点なら愛嬌ですまされます。

 

だけどこれら失敗の原因となっている根本は性格的なものなので基本的には治りません。

片付けられない人は基本的には片付けられない人だし、人の話を聴いていない人は何歳になっても聴かずに自分が喋ってばかり…

だけどそれも程度ものだし、相手の人がそれで良ければ問題ないし、欠点を上回る魅力があれば夫婦としてうまくやっていけます。

 

恋人と別れたり夫婦が離婚するほどの原因となる欠点の場合は…

笑えたり、許せる欠点ならいいのですが、中には相手の身体や精神を傷つけたり、生活を脅かすほどの欠点を持つ人もいます。

それは原因連絡不精・束縛・浮気・浪費・DVなどです。

 

連絡をせずに遅刻を繰り返したり、何日も連絡がない人は一緒に生活すると一言も言わす何日も家を留守にします。

付き合っているときから束縛の強い人は一緒に暮らすとエスカレートして24時間行動を365日監視されます。

浮気癖のある人は当然結婚しても浮気します。

浪費癖のある人は結婚して、パートナーに金銭管理を任せてもどこかで借金をしてきたりして浪費が治りません。

暴力的な人は結婚したらますますエスカレートします。

 

性格が変わるケースは「命にかかわる何か」や「失恋」のような痛手

もちろんすべての人が変わらないわけじゃなく、人生の大きな転機によってそれまでの行動ががらりと変わることもあります。
特に大きな病気や怪我、長年付き合った恋人との別れ、仕事や人生をかけるほどの思いで取り組んできたスポーツや趣味での挫折…

こういう出来事が人生を変えてくれることもないわけではない。

だけどそんな出来事があっても時が経つと元に戻ってしまうのです。

 

彼は浮気性だけど、仕事はきっちりするし稼ぎもいい

話題豊富で人当たりがいいから一緒にいて楽しい。

だけどというかだからこそ浮気性は治らない。

 

彼女は性格はやさしいけど浪費癖が治らない

自分の稼ぎ以上の服やアクセサリーを買ってしまう。

だけど見た目はおしゃれでかわいい。

結婚したら浪費も止まるだろうと思っていたけど、止まらない。毎月の予算を考えずに高いおかずばっかり買ってくる。

 

普段は紳士だけど、ちょっと気に入らないことがあればすぐに手が出る

見た目のカッコよさと収入が安定しているから、この人を逃したら次はないと思って我慢をしていたらますますエスカレートする。

結婚したら直るだろうはもちろん通用せず、とんでもないことに…

 

形はそれぞれ違うけど、多くの場合、「人の性格は変わらないものだ」と思った方がいいです。

欠点に目をつぶって人のいいところを見ようと心がけて生きてきたので、今回も「結婚すれば直るだろう」と思って、結婚してみたけど直るどころかエスカレートするのです。

むしろたいていの場合、結婚することによって悪化します。

 

人は「手に入った距離の相手にはこびない」のです。

結婚するまでは多少我慢して抑えてきたのが結婚したことで安心してしまい、元々持っていた悪癖が本領を発揮するのです。

こういった問題の根本的な部分はその人の脳の器質的な部分か、幼い頃の経験に基づくものが多く、本人も自覚していなかったり、分かっていてもやめられないのです。

だから成人して理性によってある程度抑えられても地中に眠ったマグマのようにいつ噴き出すか分からない状態で存在しているものは何かのタイミングで噴き出すのです。

 

多少のことは我慢しようと思って結婚するのは危険です。

「欠点は治らない」と思って受け入れられるかどうかです。

特に「借金・ギャンブル・オンナ」は病気ですから一生治りません。

 

婚活をしている間に見抜くことが出来れば、その人のことは諦めて次に行くことです。

恋は盲目なのでついつい見た目や表面上の性格の良さに惹かれて、少しぐらいの欠点は結婚すれば治ると思うか、思いたいものです。

だけど病的な欠点は一生治ることはありません。

「結婚して私が何とかしてあげよう」なんて思ってはいけません。

気の毒だけどこれは「この人が自力で解決するか一生抱えていくんだ」と割り切って次へ行きましょう。

 

問題は「難あり」の人との出会いを繰り返してしまう場合

これまで出てきたような人と1度だけ出会って、人生の学びを得たと教訓に出来た場合は問題ないでしょう。

だけど出会う人がいつも浮気性だったり、浪費癖があったり、DVだったりする場合はあなたの中に何らかの癖があると思って間違いないでしょう。

 

困っている人を見るとほっておけなかったり、誰かを助けることに生きがいを感じていたり、仕事でも人の分まで責任をかぶっていつも損な役回りを演じていませんか?

「いい人」と思われることに生きがいを感じて、悲劇のヒーローやヒロインに憧れているとか…

そういう人にとって「難あり」のパートナーは都合がいいというか、人生になくてはならない人なのです。

「旦那のせいで私はひどい人生を送っている」と「奥さんのせいでお金がたまらない」とか思うことが出来るし、人に話せば「大変ですね」と言ってもらえる。

それを心の支えにしている限り「自分を悲劇」に導いてくれる人を引き寄せてしまいます。

 

自分の癖を取りましょう。

人のせいにする言動をやめることです。

「会社のせい」、「親のせい」、「自分の見た目のせい」など。

愚痴を言わない、言い訳をしない、いつも感謝の言葉を口にする、自分が気持ちいいと思えることをするなど言動を変えていくことで素敵な出会いを引き寄せることができるようになります。

関連記事

ブログランキング投票ボタン

ふたつのブログランキングに登録しています。応援ポチっとよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村