ネットで婚活が当たり前の時代がやってきました。マッチングアプリを使った恋活・婚活成功のヒントを綴っています。

マッチングアプリで「難あり」の人に出会うのは想定内!見抜き方と対処方法を身につけておこう

マッチングアプリでもどうしても一定数「難あり」の人は存在する

マッチングアプリは恋人や結婚相手を探すために登録し、好みの異性と出会うことを目的に作られています。

登録者の100%の人が本来の目的のためだけに利用していたら使いやすいのですが、中には問題ありの使い方をする「難あり」の登録者が存在するのが現実です。

まじめな出会いや安全・安心を謳っているアプリの場合サイト運営者にとって「難あり」の人はサイトの評判にかかわるので困った存在です。

-300x225 マッチングアプリで「難あり」の人に出会うのは想定内!見抜き方と対処方法を身につけておこう

まじめに恋人や結婚相手を探すという本来の目的のためにサイトに登録している人にとって「難あり」の人は邪魔になるだけでなく、そういう人がサイトの中にいるという評判が経ってしまうと登録者が減ってしまうので排除しようと努力します。

そのため入会の時に身分証明証の提出を義務付けたり、プロフィールの入念なチェック、メールのやり取りの24時間監視システム、通報、警告・退会制度などを取り入れています。

 

難ありの人とは一言で言うと「お金」か「体」が目的の人です。

会ったその日にエッチに誘ってきたり、ネットビジネスに誘ってきたり、何度か会ったのちに高級なものを買わせようとするデート商法だったり、既婚者だったりするのですが、その数はまあ多くても全体の1割ぐらいでしょう。

 

まじめに出会うサイトを選んでいればそういう人とはほどんど会うことはありません。

確率的に言えば10人に一人ぐらいは会うことになるので適切な対処を取れるようになるための授業料として割り切りましょう。

その場で相手にお断りしてサイト運営者に通報すればいいのです。

 

あとは気持ちの切り替えが大事です。

せっかく楽しみに会いに行ったのにショックだし、時間とお金の無駄だし腹が立つのですが、引きずってはいけません。

さっさと自分の目的のために次の行動に移ります。

次の人とデートの約束をしましょう。

 

難ありの人を見抜く簡単な方法

サイト運営者が目を光らせてくれているとは言え、自分自身でもきちんとセキュリティを強化する必要があります。

まず写真とプロフィールをチェックします。

写真がないのは論外です。

 

新規の登録者なら仕方ないですが、1週間もして写真がアップされていないならその人は「難あり」かやる気のない人です。

写真があまりにも美男・美女でタレントのような出来栄えだとちょっと怪しいかもしれません。

「難あり」人は何とか出会うために工夫をしているもので、ちゃんと利用している人よりもうまいかもしれないのです。

でも素晴らしい出会いを逃してはいけないのでそこはあなたの直感にお任せします。

プロフィールをきちんと書いていない人もスルー

普段適当に書いても出会えるサイトを利用している人の場合はそういう傾向があります。

プロフィールをちゃんと書いていないだけで「難あり」かどうかは分かりませんが、真剣な出会いを求める人がプロフを適当に書くなんてあり得ません。

 

早い段階で直メを希望するのは怪しいと考えて間違いない

男性はメールのやり取りで課金されるケースが多いので、早めに直接LINE交換をしたがる気持ちは分からないではないのですが、サイト運営者の管理が行き届かない場所でやり取りをするのは危険です。

アプリの利用に慣れていない人にもその傾向があるのですが、その辺りはマナーとしても心がけておきたいものです。

 

メールの文章がおかしい

「ども」とか「よろしく」だけの一言メールの人もいます。

出会いを簡単に考えすぎていると思います。

即ブロックして問題ないです。

 

メールに社会人としての礼儀がなってないとか、やり取りに不自然な点があったりしたらその時点でお断りしましょう。

何人もの人とメール交換していたら見抜く目が養われます。

時間をかけるだけもったいないので早めに見切りましょう。

 

自分に何らかの原因がある場合の対処法

何事も光が強くなると影が濃くなるものです。

エネルギーが強くなればプラスの引き寄せが働くと同時に極端なマイナスを引き寄せてしまうこともあるのです。

大活躍したアスリートに賛辞・称賛の嵐が吹き荒れるとともに一部嫉妬の強い人からマイナスのメッセージが寄せられるのと同じです。

会社で仕事をしていても一人だけ成績がよくなれば、嫉妬ややっかみというのはあるものです。

 

人が集まる場所のエネルギーバランスというのは不思議なものでそういうことが往々にして起こりうるものなのです。

だから婚活にエネルギッシュに取り組んでいるときはとても光の強い状態だから影が濃くなって、「難あり」の人がたまに寄ってきてしまうのです。

 

影の人が寄ってきても適切に対処してその数が1割を越えなければ問題ありません。

9割の素晴らしい出会いを大切にして前に進めばいいわけですから。

 

問題は1割を超えてきた場合です。

自分の意識がマイナスに傾くとその傾向が高まります。

「ネット婚活なんて怪しい」、「どうせエッチかお金が目的の人が利用しているんだろう」と思っているとそのことが現実化します。

活躍しすぎると誰かに引きずり降ろされるのではという意識が知らず知らずのうちにマイナスを引き寄せてしまいます。

引き寄せの法則とはそういうものです。

 

「難ありの人」を引き寄せないための1歩踏み込んだ方法

出会ってしまったらさっさと断るのが一つですが、今後の勉強として聞きだすという上級の手を紹介します。

相手の手口を知るために「難あり」の人に直接その方法を聞きだすのです。

ちょっと勇気が必要ですがせっかく出会えたのですから、やってみる価値ありです。

 

マッチングアプリを利用して「今までその目的は達せられたことがあるのか」を質問するわけです。

つまりエッチが出来たのか?

出会いでのエッチになれている人によると最初のデートでカウンター席などに行き、女の子が顔を寄せてきたら大抵その日のうちに持ち帰りができるそうです。

 

どんな風にうまくやるのか色々聞きだしてみます。

会えなければ目的は達せられないわけだから、会うための工夫をしているはずです。

写真の撮り方、プロフの書き方、メールのやり取り、目的は違えど参考になることはたくさんあるはずです。

どんな相手からも学ぶ姿勢が大事です。

目的外でサイトを利用する人のテクニックはむしろ長けているはずですから、使えるものは遠慮なく取り入れてしまいます。

ただし悪用は厳禁!

 

ネットで出会って営業かけたらどんな相手が買ってくれるのか?

出会い系であった異性をネットワークに誘うことが出来たのか?

悪評が立って削除されたらどうするのか?

名前を変えて登録しても身分証明証を提出しなければならない場合はどうするのか?

裏技があったりするのか?

何故わざわざマッチングアプリを使うのか?

マッチングアプリを使うメリットは?

一番聞きたいのは「難あり」の人を見抜くのはどうすればいいのか?

あるいは「難あり」の人はどういう相手をターゲットにするのか?

 

などなどを聞きだします。

こういう質問をするのは危険だからちゃんと安全を確保した上で話すことです。

いざとなったら店の人に助けを求められるか?

駅前の明るい店なら問題ありません。

 

それに「難あり」の人も暇ではないはずです。

ターゲットの当てが外れたらさっさと帰りたいかもしれないし、自分の手口がばれるといけないからなかなか教えてくれないかもしれません。

「難あり」の手口を聞きだすにもコミュニケーション能力が試されます。

安全を確保した上であくまで自己責任で行ってください。

関連記事

ブログランキング投票ボタン

ふたつのブログランキングに登録しています。応援ポチっとよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村